スマートグリッド教育部重点実験室

2018-11-08

天津大学のスマートグリッド教育部重点実験室は、中国の電気工学分野における重要な研究?実験の拠点であり、本学の電力システムとその自動化という国家重点学科に依拠して設立されました。実験室の前身は1950年代に創設された天津大学電力システム動的シミュレーション実験室です。半世紀の建設を経て、元の単一機能だけの電力システム動的シミュレーション実験室からスマート電力システムによる発電、送電、変圧、配電、電力使用等の各部分に向ける総合的な実験室に成長してきました。「第十二次五ヵ年計画」の間、公的研究資金を受け入れました。実験室の下には、エネルギー蓄積システム実験室、総合エネルギーシステムのシミュレーション?観測?コントロール実験室、マイクロ電力ネットワーク実験室、直流電流配電システム実験室、電力システム動的シミュレーション実験室、燃料電池システム実験室、電力システムの保護と制御実験室、高電圧技術実験室、スマート的電力使用実験室等を設置しています。


不朽の精神の北洋大学と天津大学は代々伝わるキャンパスである

吉林11选5- Welcome